津軽三味線 福居幸大

龍人
メンバー紹介
福居幸大プロフィール
津軽三味線について
三味線教室案内
ニュース
CD&出版
お問合せ
リンク集
ENGLSH

 

SITEMAP

 

かなでや・邦遊

龍人について

龍人

日本を代表する邦楽器で結成したグループ“龍人”それぞれの分野で縦横無尽に活躍している。

津軽三味線、和太鼓、尺八、箏という楽器は、全く異なる音楽ジャンルの中で活躍してきた、。坊様から津軽民謡の伴奏として、そして即興演奏を旨としてきた津軽三味線、大地の様々な思いを「天にとどけ!」と打ち鳴らした和太鼓、虚無僧音楽の流れを汲む尺八、純古典邦楽としての。現在、邦楽器を含む楽器から構成されるユニットは数多いが、津軽三味線・和太鼓・尺八・箏からなるユニットは、おそらく“龍人”だけであろう。

多くのステージを踏む中から培われた技・音・感を合わせもつ四つの個が、楽器の個性を最大限に生かし、伝統を守りつつ、往来の邦楽器の持つイメージを一新する音の世界を創りあげることを目指している。

“龍人”とは、それぞれの音を追求する演奏家が、音を通して会話し、遊ぶ中で、新しい日本の音を創り出そうとするユニットであり、そこから生まれる音楽は、熱く激しく、やさしく、美しく、そして何より、聴いていて楽しい邦楽、それが“龍人”なのである。